FC2ブログ
X-rated searchの各種企画バックナンバーと、TOP画像のバックアップを目的としたブログです。18才未満の方は閲覧できません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説書きの嘆きを訊く「文派の個独」

第一回 不二川 巴人氏
banner_20080530224833.gif
(2008年1月掲載)


 さんこんにちは。ホームページ「D's NEST」管理人、不二川 巴人(ふじかわ ともひと)です。11月の「拘りの鉄」をご覧いただけた方は二回目ですね。今回からの新企画と言うことで、管理人のDAIさんからご指名いただきました。

 軽く自己紹介しておきますと、私、仕事として美少女ゲーム(エロゲーですな)のシナリオライターをやっております。名義は「でぇすて」でございますが、ちょっと前に思うところあって、今の「不二川」に変更しました。ただ、長年公私にわたって「でぇすてさん」と呼ばれ続けて、それなりに愛着もあったりするので、今は「不二川“でぇすて”巴人」名義にしております。具体的には何をやったんだよと言うのは、仕事情報のページをどうぞ。

 さて。このコーナーでは、何を書いてくれと言われたかというと……

「自分が追求している表現やジャンル、また文筆活動という行為そのものについて、
周囲の賛同や理解を得られず、孤独を感じた・違和感を覚えた・浮いてしまった・
恥ずかしい思いをした…などの体験談、失敗談、また常々感じていることなど」


 以上、依頼メールのコピペですが……うわあ、高尚だ! 私ゃそこまで上等じゃねえ!
 ……ただまあ、それなりに長いこと(ちなみに、プロになって10年目)この仕事やってると、バカな身でもそれなりに考えることがありまして。そのへんを、順番につら~っと書き連ねてみましょうか。あ、肩の力は抜きましょうねー。私がブログで書いてることの延長みたいな感じでやってくれと、DAIさんからも言われてますので。

 んじゃまず、「追求してる」関連から。
 ……あんまりないです(5秒)。←いきなりかい!
 そりゃまあ、元々エロい文を書き始めたのは、「放尿・おもらし」についてですから、そのあたりには当初こだわりましたよ。ぶっちゃけて、「自分がいかに萌えるか? 自分の使用(深読み可)に耐えるか?」というのだけを考えてましたから。ジャンルについては、とりあえず、ファンタジー物、歴史物が書けないと言うことは分かりました(笑)。仕事でしっかりした資料がある(作れる)なら話は別なんですが、小難しい考証が必要な物は、趣味では書きませんね。となると、現代をベースにしたものか、あるいはその延長線上にある物ということになります。目下の課題は、「普通の日常を、ていねいに描写する」ことです。あれ? 胸が痛いんですけど?

 次。文筆活動について。これはねえ、言ってしまえばそれで終わりますが、基本的に物書きなんてのは孤独なものです! だってそうでしょう、日がな一日部屋にこもって、空想しまくってぶつぶつ独り言言いながら、カタカタとキーボードを打つんですぜ? 基本引きこもりですよ。周囲の理解も、そうそう得られないものです。身内にしても、「物を書いています。小説とかシナリオとか」つっても、よっぽど分かってくれる人でないと、遠い目で「へえ」と言われて終わりですよ。まだ単行本の一冊でも出していれば、それを出して証明できますけど、私みたいなエロゲ屋だと、恥ずかしくてカタギの人には絶対言えない。頑張っても頑張っても、胸を張れない。こ~れは結構寂しいですよ。

 それにねえ……ゲームのシナリオライターとか言うと華々しく聞こえますけど、そんなに儲かりませんから。特にフリーランスだと。とても33歳には似つかわしくない。同年代の連中と話してたら、そっりゃあ浮きますって。世間の三十路つったらあーた、会社でもひとかどの地位にいたり、結婚して子供がいたり、人によっちゃ会社を興して回してたりする。なのにアテクシは、万年下っ端~♪ 上司も部下も無縁~♪(弟子はいますけど) ついでにボーナスとも無縁~♪ 彼女もいないし出会いもない~♪ るらら~♪♪ ……あれ、なんだろう、目から塩水が。

 孤独という点では、これは「常日頃考えていること」にも絡んでくるんですが、一つ。
 インターネットという手軽な情報発信手段が整備されて、自分の創作物を好きな時に発表できるという環境はいいと思うのですが、反響がないんですよね。まあ私の場合だけなのかも知れませんけども、頑張って新作を書いても、感想が全くと言っていいほど来ないと、なんだか気分が萎えます。偉そうにすねてみせる私も、ここ数年、純然たる趣味で小説を書いてない訳なんですが、誰も何も言ってくれないと、モチベーションに影響しますよ。やっぱり。仕事でシナリオを書いて商業ベースに乗れば、アンケートハガキやWEBの評判で、ある程度は分かるのでいいんですが。あ、だからって、ボロカスに言われると鬱入るので、お手柔らかにお願いしたいです(笑)。うーん、ホームページも開設丸10年を迎えてるんですが、感想メールってほんとに来ないんですよねえ……。咳をしても一人、的な孤独を感じます。うーん、私の書く小説って、いわゆる普通の「一般的エロ小説」じゃないと、我ながら思うからなあ。みんな! 今からでも遅くない! メイルミイ!

 あと、最近、新規のクライアント様(つまり、エロゲメーカーさんですな)からお声がかからないのは寂しいかも……。ううむ、確かに、ありがたいことに、私にもお得意様とかいますけど、星の数ほどエロゲメーカーがあるんだから、もうちょっと、ねえ?(何が「ねえ?」か)ここをご覧の、業界の皆さーん、お気軽にお問い合わせ下さいねー!(営業スマイルで)

 ……え? ロートルなおっさんには用がない? げぶるはぁっ!(吐血)

 話を戻して、「違和感」について。
 「俺、このままでいいのかなあ」という、そのへんの違和感は、いつも感じています。そりゃ私も、物書きとして生き残るべく、仕事以外、WEB以外の所で、ちまちまと色々やり始めた所なんですけども。10年目にして。やっぱり、不安定な職業ですからねえ。変に理想が高かったりすると、このへんの違和感はずっとついて回る物だと思います。その日暮らしでいいじゃん、と開き直れ……と、気楽に言うアナタは若い。すっぱぁー!(タバコをふかす)……三十路を迎えると、人間変わるのよ……トホホ……。

 え? 失敗談?

 ありすぎて困る!

 以上! 恥の多い生涯を送ってきました。

 ……物を書く、というのは、孤独な作業です。
 苦労の割に、報われないことの方が多い物です。
 それを仕事にしてしまった日には、実にやっかいです。
 夢や目標を持つことは大事ですが、突拍子のない妄想にとらわれるのもいけません。

 「何を表したい?」
 「何を伝えたい? 伝えなければならない?」
 「何を感じて欲しい? 自分を分かって欲しい?」

 理由は様々です。
 誰がどんな理由で表現しようと、それは自由です。全くの自由です。

 物書きは孤独です。
 イラストのような華々しさはなく、忙しい今の人には顧みられる事の少ない作業です。
 でも、あなたは、私は、それを選んだ。

 「やったらいい」「勝手にやれば?」ではなくて。
 「やりたいから、やる」
 「やらずにいらないから、やる」

 自分の中に荒れ狂う衝動を、私たちは文字にします。
 それしかできないから。
 キーボードの上で楽しそうに踊る指が気持ちいいから。
 空想の中に自分を飛ばしていることが楽しいから。
 書くことをやめることは、きっと精神的な死に繋がるかも知れないから。

 だから、やる。
 あなたの、私の、
 心を削った文章を、
 心を揺さぶる文章を、
 書いて、書いて、書き続けて。

 そしてまた、朝が来る。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・







 ここで締めればいいんですけどっ!
 いやあ、なぁにを詩人気取りなんだかこの男は。燃やそう!
 ページの趣旨からはそれますけど、私、小説を書く前は、詩を書いてたんですよ。なので、放っておくと、こういうアイタタな文体になるので死ねばいいと思うよ。今のホームページにも詩をいくつか掲載してますけど、激しく痛いので注意が必要だぞ!

 最後に一言。

「これからシナリオ屋になろうとしてる人は、よく考えよう!」

 そういやこの間、弟子に、「師匠、そろそろ弟弟子が欲しいんですけど」とか言われました。

 それじゃまた、どこかでお会いしましょう。






このページに掲載されている文章の著作権は不二川 巴人氏に帰属します。無断転載を禁じます。
スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。